« 原題はCommitted | トップページ | チラシコピーに偽りあり。 »

2005年7月30日 (土)

選択が尽きるときは呼吸が止まるとき。

つまりネバー・ギブ・アップ!

『ただ一度の挑戦』パトリック・ルエル著/羽田詩津子訳
(ハヤカワ・ミステリ 1994年刊)

かつてIRAの爆弾テロで恋人を失い、自らも火傷を負って、左頬の耳からあごにかけて凍りついた川さながらの傷痕が残ることになったドッグ・シセロ警部。イタリア系の血を引く、このロムチャーチ警察の警部が、再びIRA組織のからんだ子供の誘拐事件に、子供の母親を助けながら、ただ一人立ち向かっていく…。

レジナルド・ヒルが別名義で綴った冒険サスペンス。
原題は「The Only Game」。小説中にシセロ警部が、ポーカーの名手であった伯父の言葉を引用する場面が何度も出てくる。捜査の段階で行き詰まり、次の行動の選択に迫られると、シセロはその伯父の教えに従い、常に確率によって物事を判断しようとする。なので表面的にはとてもクールなんだが、真相を突き止めようとする情熱は人一倍。美しく心惹かれる女性が、警察からも見放され窮地に立たされていると判断すると、自ら警察を辞めてまで。それは正義が下されることへの執念なのか、個人的な愛なのか…。

レジナルド・ヒルの書く小説は基本的に硬派だが、これもロマンス要素がいい塩梅で盛り込まれ、いつもながらセンスよし!

« 原題はCommitted | トップページ | チラシコピーに偽りあり。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622188

この記事へのトラックバック一覧です: 選択が尽きるときは呼吸が止まるとき。:

« 原題はCommitted | トップページ | チラシコピーに偽りあり。 »

インデックス

無料ブログはココログ