« 消えゆく王者。 | トップページ | 選択が尽きるときは呼吸が止まるとき。 »

2005年7月30日 (土)

原題はCommitted

DVDで鑑賞。

「ノンストップ・ガール」(2000年 米)
★★★★

Fi1668531_0e 一生寄り添うと思い込んでいた夫に逃げられ、ストーカーと化す妻の話。コメディの割には笑えないと思いながら見ていたら、後でじんわりと染みてきた。
やれることはとことん、気がふれるくらいまでやった挙げ句に、現実を納得し受け入れる。そんな、傍目には物わかりが悪く不器用に見えるけれど、自分自身に誠実な人間は嫌いじゃないわ。

天然の“いかれてる”感があるへザー・グラハムが、ストーカー妻役。まあストーカーといっても、やってることはいちいち可愛らしい。グラハム自身もとてもキュートに演じている。監督・脚本が女性(リサ・クルーガー)と知って納得。

彼女が夫を追いかけてたどり着く先が、メキシコ国境のエルパソ。なぜか、この辺りを舞台にしたアメリカ映画に好きなものが多い気がする。サボテンだけが生えている赤茶けた大地に異国風情を感じるってだけじゃない、何かがあると思うんだが・・・。んー、人間と人間が裸で向き合えそうな感じがいいのかな。違うかな?

で、そこでヒロインが出会う造形作家の男を演じていたのがゴラン・ヴィシュニック。昔昔のニコラス・ケイジをちょっくら思い出させる、頭のねじのゆるんだ男独特の放っておけない色気(?)を漂わせていて良かったんだ、これが! さっそくチェックリストに追加しました!
ふむふむ「ER」にレギュラー出演していたのかあ。途中で見なくなっちゃったからな。クロアチア出身……、いかにもそんなルックスと雰囲気だ。そして、次期ジェームズ・ボンド候補の一人ですと? クロアチア人なのに? うーん、これはますます他の出演映画を見てみたいかも。仕事がひまになったら借りてきましょう。


« 消えゆく王者。 | トップページ | 選択が尽きるときは呼吸が止まるとき。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ゴラン高原と同じ名前?苗字ならともかく、SFのごっついエイリアンみたいな名前だよね。ヒカさん「ウェルカム・トゥ・サラエボ」見てるんじゃない?スナイパーって言ったら思い出す?それでスティーヴン・ディレインに向かって言ったセリフが衝撃的だった…あの役柄が忘れられなくて、ERではクルーニーの後釜でそのままのクロアチア人と聞いて見始めました。(私はERよりシカゴホープ派だったの)“来た”当初はそんなに親しくない人の微妙な心の揺れにまで感ずくような非常にナイーブなタイプだったのに、彼はもう何年目?という今シーズン、元組の“上”だったキャラがどんどん死んでいくマンネリを超えたソープ状態で、文字どおりソープの男キャラと化しています。アフリカにボランティアしに行ったりするのだけど、何度も危険な目にあって…そのまま華々しく死んであんたもリタイアしなはれって感じ。とにかくグリーン先生ではなくロマノに合掌。

去年のテレビドラマで「スパルタカス」やったってね!もちタイトル・ロール!合ってると思うわ~もうレンタル屋にあろうけど、NHKでやってくんないかな~って待ってるの。役名見るかぎりキューブリック版とちがうみたい。アラン・ベイツがローレンス・オリヴィエの役じゃないし、むしろトニー・カーティスのアントニウスと同名役なんだけど、アグリッパって苗字があるからまさか奴隷じゃないよね。私あれでトニー・カーティス好きになったの(はぁと)

ボンド候補っての誰も彼もがまゆつばみたいよ。噂の当人達…ヒューにバナ、クライヴ・オーウェンとダニエル・クレイグもみんな聞いてないって笑ってるし、ジュディ・デンチおば様は「あら夏からピアースで撮影よ」なんて話もあったし…製作側がみんなに忘れられないよう気をひくためにやってるとしか思えない。どーせまたユアンも入ってんじゃん?宇宙でもとれなかったスコットランドなまりだったら東欧なまりでも同じかもよん。

私は007好きじゃないからいいんだけど。ERの中でね、高校の演劇部でハムレットをやったって話すエピソードがあってあの“How all occasions do inform against me~”で始まる第1部の幕切れのセリフをクロアチア語で言ったのよ~!うつむきかげんではにかみながら、たった数行言っただけだったけども~カンゲキ!ケネス・ブラナーみたいにクリアな発音のクイーンズ・イングリュッシュとはもちろんちがって、こもるような音感が深みがあってよさげだったわ。オレってハムレット役者だから…って大見得きってくれたかな…(笑)

「エレクトラ」もついに行かなかったの。「デアデビル」おもしろかったし、「エイリアス」でジェニファー大好きになってたにもかかわらず…だって当の本人が、スピン・オフはデアデビルの時の契約でいやいややったって言ってる上に前評判も最低だったでしょ。ゴランはいいとして他の競演はボブ・サップだし…昨年の猫女についでラジー候補かな?「プラティカル・マジック」は、私はエイダン・クイン目当てで見たのでゴランの記憶がほとんどあっりましぇ~ん!ということで「止否女」って作品も知らなかったので(こりゃまた四ッ星ですか!)、これからもゴラン・フェス・レビュー期待してま~す!

>ぱぴよん1さん相変わらず熱いですね、文体が(笑)。そして詳しい!映画サラエボ見てません。とりあえずこの作品から借りてみましょうか。といっても来月になってしまうと思いますが。ERはソープ状態? でしょうね。まだ続いてるってのがすごい。確かグリーン先生が暴漢に襲われて精神を病んで・・というシーズンまで見てました。>ぱぴよん2さんゴランのスパルタカスは、うちの近所のレンタル店には置いてそうにない。トニー・カーティス懐かしいね。むしろオリジナル映画を見直したい感じ。10代の頃に見たっきりなんで。

>ぱぴよん3さん日本では三船みたいな俳優はもういないと同じで、英国にもショーン・コネリーみたいな俳優さんはもういないんだろなあ。・・・自分の中ではコネリーで終わってますんで、ボンド。そういえば主役を女性に変更するって話もあったね。

>ぱぴよん4さんよく覚えてるなあ・・・クロアチア語ってロシア語に似てるようですね。クロアチア時代の映画、見てみたいかも。>ぱぴよん5さんエレクトラはさすがにぱぴよんさんも見ないと思いました(笑)。プラティカルもたぶん見てないわ。何でも見てすぐに忘れるので、たまにビデオ借りてきて、これ前に見たと気付くことが多い始末。ノンストップガールの4つ★は大甘な採点っす。実際は・・・。

>むしろオリジナル映画を見直したい感じ。ヒカさんにしてはめずらしいお言葉!東劇にリクエストしちゃおうかな!リバイバルしたら絶対行ってね!(無理矢理~)>英国にもショーン・コネリーみたいな俳優さんはもういないんだろなあ。まるで三船同様他界してるかのような…(笑)でも最近バカ映画ばっかり出てるから、私の中ではショーン・コネリーが終わってます。ゴメン!女性ボンド?ありましたね~(笑)煙のように立ち消えちゃいましたね…

>ぱぴよんさんショーン・コネリー殺しちゃったか・・・(笑いや、私ももう積極的にこの人の映画を観ようとは思わないんだけど、体格が良くて、一応誰もが認める正統派二枚目ってあまりいないかなと思って。自分が年とっただけかもしれない。。。

それはアメリカにもいないかもね~女優にしても…若手正統派のシェイクスピア女優だったはずのケイト・ベッキンセルがワンダーウーマンやりたいって御時世だもん… BSでやってた映画番組では、渡辺祥子さんがいつも、ショーン・コネリーだったら何をやっても許すって感じで「いいの~いいの~彼はいいの~」ってトロトロになるから、相手をしていた小堺君は大変そうだった…まあ私にしても、もうクリス・魚犬が何をやっても何も言えんが…言えないくらいバカを越えたゴミ映画に平気で出続けてくれてるし~

>ぱぴよんさんまあ、ベッキンセールはシェイクスピア女優だったの? ちょっと意外。ウオーケンは何でも良いよ。何やってもオーケイ。手放しで好きっす。チープな映画のほうがありがたみが増すかな(笑)

すみません「から騒ぎ」を見て、すでにシェイクスピアの舞台にバンバン出てそうに勝手に思ってただけでした。この時オックスフォード在学中でケネス・ブラナーに抜擢されたみたい。以後はゴーストものの「月下の恋」ではエイダン・クインの相手役。グィネスのジョセフィーヌですかい?みたいなエンパイアスタイルに対してリアル・クローズでそのまま地味で面白味もない「エマ」そしてジェームズ象牙の「金色の嘘」ここまでは順当に英国文芸女優。だが今世紀になると…「真珠湾」でブレイクなんて言われてるけど、べつに人気があるなんて思えないよね。レイチェル・グリフィス同様重宝がられてるようにしか…しかし本人にしてみれば、マイケルベ-に「美人でないから起用した」って言われたのがショックだったみたいで…それ以降?整形を重ね始めたのは…お父様を早くに亡くした過去があるようですが、完璧ゴーズ・トゥ・聖林しちゃう英国人の気が知れません。

人のレス欄で申し訳ござらんが…ということで「アイランド」おもしろかったよ!見てる間はね!(笑)なんとショーン・ビーンがジャイモン・フースーに食われてしまいましただ!ショーンは悪徳経営者にして博士の役処をイマイチ個性的に演出できなかったみたい。あのホンじゃ当たり前なんだけど…ジャイフー初見で誰だかわからずに見てたので、ショーンを押すほどのすごみのある気迫にびっくり!あとになってオスカーノミナーと知り納得。でもそれよりもラスト、黒豹のように美しいと思えるカットがあったわ…ですので、ヒカ女史も行くべし!ブシェーミは本人のごとく泣き笑い劇場なんて言ったらネタバレ?でも完璧ヒーローでしたよ!(笑)

>ぱぴよんさんふぇー、長文レスも疲れるな(笑)ベッキンセールも好きなんだ。詳しいねえ。ろくにどれも見てないじゃん私。考えてみると、最近のハリウッド大作ものは英国俳優頼りなのね。「アイランド」そんなにお薦めするなら見てみるよ。ジャイモン・ハンスゥといえば、私はなぜか20年くらい前の雑誌に載っていた彼がモデル時代のヌードグラビアをいまだ持っていたりしますっ。その後、グラディエーターで再会するんだけども。

ベッキンセルはファンてなわけでもなく文芸見てれば当るわけで…そしてそれをしっかりこなして力発揮してくれる貴重な若手なんで…何でそんなにバカ映画のヒロインになりたがるのかわかんないわけで…笑 サー・ショーン・コネリー>自分はそのバカ映画に出まくってさんざん稼いだくせに面の皮厚いわね~スコットランドの自然を守るためにでも使うのか?↓http://www.walkerplus.com/movie/news/news2019.html

>「アイランド」そんなにお薦めするなら見てみるよ。いつになく素直な…それってジャイモン・ハンスゥ(って発音すればいいわけね…いかにもブラック・パワーな御名前)のグラビアが…私にも見せてちょ~っっ!今度絶対「ツェッペリン新聞」といっしょに見せてちょよ!「グラディエーター」…憶えてないや…やっぱり劇場で見るべきやった(後悔)ま、主演カップルも相変わらずな力量で見せてくれますんで…これってキッスの感触自体もきちんと脚本通り演じてますっ!てことよね…そんなに卓越した技術あんだったら映画史上最低のキスシーンをやってしまった「エピソード2」の主演バカップルにちゃんと指南しとけっての>ヤング・オビ=ワン!

私ってやっぱ長文?(笑)ヒカさんはきちんとその日のうちにレスをつける主義なんざんすね。ご立派!でもあっしのは見て下さるだけでかまわね~んで…でもあたしが質問形式だからいけんのか…ただの掲示板→盛夏のお薦めは…おもしろさでいくと「アイランド」「ヒトラー」「ヴェラ・ドレイク」芸術的満足度でいくとこの逆の順になります。エヴァ・ブラウンは「名もなきアフリカの地で」のお母さんでした。この映画やはり彼女の存在大です。「戦場のピアニスト」に出てた人は1人スター扱い?(笑)そして独りヴィスコンティチックな~んてね…原題はべつに“ヒトラー”の名ではないので、ヒトラーの最後につきあった人々のそれぞれの身の処し方とでも申せましょうか。狭い地下壕が永遠映されても少しも飽くことなく最後まで一気に見れました。迷ったけど劇場で見てよかったです。

>ぱぴよんさん「マフィアの殺し屋役は例外」・・・うはは、笑った。貫禄ありすぎだあし、年齢的にもそんな役はそうそう来ないだろうって。でも、言ってることは正論。

ジャイモン・・・調べたら「イン・アメリカ」と「コンスタンティン」に出ている人と同一人物だった。あの人も気に入って、でも別人と思ってた。今気付いた。顔、ずいぶん変わってないか? びっくりかもしれない。

>ぱぴよんさんヨハンセンとマクレガーの記事は、どうしてこんなのが記事になるの?という感じなんだのだが・・・。はい。どうでもいいんです。てか、ちょっと今日は疲れてます。すまん。その映画3本とも見たいな。でも今月は映画やってる時間に仕事終わらないし、日曜日は死んでたりするし・・・。努力してみっか?コメント欄は一応自分で締めるつもりでいるので、ぱぴよんさんが書き続ける限りは続くのでしょう(笑)

マフィアの殺し屋と言ったらマフィアのことか…マフィアを殺る!一匹狼のスナイパー…職人のような老練の殺し屋最後の仕事…な~んてサーの引退作品のためにいっちょ描き下ろしたろか!なんていう脚本家はおらへんのかあ?!クソくっだらね~廉価版なリメイク(薔薇家戦争のこと言ってます)よりよっぽどいいと思うけど…

ぢごくみみakoさんが去年のオスカーでジャイモンを押してたの。私は見てないけど「イン米」文芸系なのに何で?って思ったけど納得。「コンスタンティン」もやっぱし見ときゃよかった!見るつもりが窓口で「無間道」って言っちゃったのよ。あれほど軽薄な映画を口に出した経験がなかったものだから…(笑)で、私がどっかで見た人と思ったのはもちろん映画だけど、妹はモデルとして見たはずだと思ってたって…で私らが見てるんだったらグラビアじゃなくて…パリのランウェイ出てたんじゃ?ってことになったのだけど、私より年上だから私が「ファッション通信」を夢中になって見てた時期で合ってるかも。ビデオ全部洗えばもしかして…な~んてね!でも彼が素肌に白い綿ジャケットなんか羽織ってたら素敵じゃない?ローレンス・魚板は太ってしまったので、こりからはジャイモンに乗り換えようかしらん…

だから疲れてる時は休んでて下さいってば!私は火曜まで休みですからって!(笑)私は返すべくの内容があれば永延続きまっせ!逆に管理人さん以外の人に、私の聞いていることとは的外れなレスつけられたりすると、無視しちゃうので、何があってもお礼の一言を!主義な人たちをむっとさせていると思う。(笑)てことでレスマラソンやろ!これ以上伸びません!て出るまで…でもヒカさんがツリーを立てられた時のオリジナルのネタでないとだめよね。ということで、ヒトラー&ヴェラ・ドレイクだったらとことんできると思うのでヨロシク!(くくくくっ)

>ぱぴよんさんもう本当に疲れましたよ。ブログ本体のほうも更新できないでいる状態なので、本末転倒というか、そろそろ勘弁してくださいな(笑)ジャイモンはモデルとしてかなり売れっ子だったみたいですね。きっと何かで見てますよ。ぱぴよんさんも。土曜日、街に出たついでに「アイランド」を見ようと思ったのですが、間違って「妖怪大戦争」のほうを見てしまいました。ごめんね。またそのうち。来月までやっててくれればいいけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622187

この記事へのトラックバック一覧です: 原題はCommitted:

« 消えゆく王者。 | トップページ | 選択が尽きるときは呼吸が止まるとき。 »

インデックス

無料ブログはココログ