« 12世紀のエルサレムに行ってきた。 | トップページ | TB企画「Musical Baton」 »

2005年6月20日 (月)

何かと話題の題材(?)をコメディに。

某ドブロガーさんのおすすめもあって、さっそく見てきました。
ピーター・シーガル監督、アダム・サンドラー主演のコメディ。

「50回目のファースト・キス」(2004年 米国)
★★★★

ハワイの水族館務めの獣医(サンドラー)は、
女性観光客と一夜だけの関係をもつことが趣味のプレイボーイ。
ところが、ある朝カフェで知り合った地元の女性(ドリュー・バリモア)と
いい雰囲気になり、翌朝も彼女を目当てにカフェに出かけるが、
なぜか彼女の態度は一変している…。


優しさに満ちた作品でした。
感動のラブストーリーとか、泣かせるラブストーリーが宣伝文句の映画は、
いつもはつい避けてしまうほうなのだが、
コテコテのコメディの中に、そういう要素を忍ばせたものには弱く、
たいていは脇の登場人物たちもひっくるめて、好きになってしまう。

毎朝、彼女の気を引こうとして考え出されるナンパ術の数々が可笑しい!
バリモアはこういう女性の役が本当に似合う。とても可愛らしい。
パパ、弟、水族館の飼育係などの人間キャラもいいが、
セイウチやペンギンの力演も、いい味を添える。

サンドラー映画ではお馴染みのロブ・シュナイダーが、友人役として今回も出演。
生粋のハワイ人役で、ハワイ訛りもどきの英語を操り、ワラかしてくれます。
でも、この人自身は、主演映画作品のほうがだんぜん面白い。
やっぱり笑いの中に、ホロッとくる映画が多い。
シュナイダーって見た目かっこよくないのに、微妙にセクシーなのもツボ。
たぶん同意されることはほとんどないと思うけどw

ちょい役のミッシー・パイルは、登場しただけで吹き出す。
ギャラクシークエストのイメージが強烈すぎた。
弟役のショーン・アスティンは公開中の「トラブル IN ベガス」にも出演中。
指輪物語以来、売れっ子かしら? ずいぶん痩せてて気付かなかった。



« 12世紀のエルサレムに行ってきた。 | トップページ | TB企画「Musical Baton」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんはードリュー・バルモア。。。私にとってはいまだにETのおじょうちゃんですところで音楽関連のTB企画が回ってきまして・・・それをヒメヒカゲさんにお願いしようかと・・・お忙しいでしょうがご参加願えますでしょうか??

>joshuatreeさん意外と老けない、バリモア。今何歳なんだろう。TB企画、承知しました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622163

この記事へのトラックバック一覧です: 何かと話題の題材(?)をコメディに。:

« 12世紀のエルサレムに行ってきた。 | トップページ | TB企画「Musical Baton」 »

インデックス

無料ブログはココログ