« 「彼を見つけ、理解してくれ…」 | トップページ | 私家版・元気になる音 その22 »

2005年6月 7日 (火)

思い出の3作品

スピルバーグ監督の「宇宙戦争」が今月末から公開。

生まれて初めてカラーテレビで観た映画が「宇宙戦争」なので、感慨深い。
もちろん1953年製作のオリジナルのほう。
うわっ、もう50年以上前の作品なのか!!!
幼稚園か小学校低学年のとき、お正月に母方の実家で従兄弟たちと観た。
当時はまだ自分の家は白黒テレビだったので、衝撃度も倍増。
コタツの熱、ストーブの熱、人いきれで息苦しく
相当のぼせながらも、部分部分のシーンは鮮明に覚えている。
その何年か後には図書館にあったSF小説シリーズで原作を読んだ。
読んでいて、あ、これ、あの映画だ!と気づいた。

しかし、今さらあれをリメイクして面白いのかなぁ。
宇宙人の弱点がオリジナルのまんまだとしたら、
パロディ映画の「マーズ・アタック」に衝撃度では負けちゃいそうなのだが。


自分の記憶に残っているいちばん古い映画は「汚れなき悪戯」
3歳ぐらいのとき。昼間に一人でテレビを観ていた。
主人公が同年代なので、観ていたんだと思う。
これもラストにあまりに衝撃的で、忘れられないシーンがあって、
ずっと気になっていたのを、だいぶ後になって映画を見直して確認した。


子供の頃にテレビで観た映画ではもう一つ、「荒野の七人」も強烈な印象を残した。
これは小学校中学年くらいか。
観た夜は興奮して眠れなかった。まじで。
その後1週間くらい、ずーーっと「荒野の七人」のことばっかり考えていた。
ガキなので単純にユル・ブリンナーがかっこいいなと思っていたけど、
恋する男、チコ(役名)も気になった。そこはやはり女の子だ。


うーん、考えてみたら自分自身、リメイク映画の恩恵をこうむっているのだった。
時間があったら観に行ってみるか「宇宙戦争」。



« 「彼を見つけ、理解してくれ…」 | トップページ | 私家版・元気になる音 その22 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

これまでロムしてましたが、はじめてコメントします。たま~に、初めて観た映画、初めて買ったレコードっていうのを思い出そうとするよねー。私は、初めて連れていかれた映画なら憶えているなー。健さんの「網走番外地~北海篇」旭川で観た(みたといえるか?)から3つか4つだ。「汚れなき悪戯」は私も幼い時観た!初めて体験する恐怖映画(なんで手が動くのぉ?!)で今でもコワイし、ホラー第1位だよ。11日、渋谷に遅れて(6:00くらい?)参加です。お邪魔します!

>アモさん最初の映画の記憶がかっちょえー。渋すぎる(笑)いいなあ、、私なんか映画館で映画見たの大人になってからですよ。「汚れなき悪戯」の衝撃は、そうそう、まさにそのシーンなんだが、アモさんにはホラーでしたか。自分はてっきり、そういうこともありえるんだと信じましたよ。11日、楽しみにしてます!

「汚れなき悪戯」の漢字が間違っていたことを気付かせてもらいました。さんきゅう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622154

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の3作品:

« 「彼を見つけ、理解してくれ…」 | トップページ | 私家版・元気になる音 その22 »

インデックス

無料ブログはココログ