« 思い出の3作品 | トップページ | 私家版・魅惑のエロサウンド その12 »

2005年6月 9日 (木)

私家版・元気になる音 その22

後にも先にもレッド・ツェッペリンほど夢中になったものはない。
世代的にビートルズやローリング・ストーンズなんかより、
もうもう断然ツェッペリンなんです!
中学から高校にかけての時期のいちばんのアイドル。
当時はロックのナビゲーターとして、ラジオのDJをやっていた
渋谷陽一の存在が大きく、私もその影響下にありました。
この方も同様のことを書いていらっしゃいます。)

ツェッペリンへの思いあまって、手書きの新聞まで作って
親しいクラスメートにむりやり読ませていました。
といっても雑誌などの資料も乏しく、続きませんでした。
下の写真がそれ。捨てられずに取ってあります。笑っちゃうけど。


Led Zeppelinの“Achilles Last Stand”

当然、好きな曲はたくさんあるわけですが、
アルバム発表とともに買っていたのは『フィジカル・グラフィティ』
『プレゼンス』、映画「永遠の詩」の2枚組みサントラのみで、
その中から1曲選ぶとなると、
『プレゼンス』に入っている「アキレス最後の戦い」で決まり!
このアルバムが出た頃に、シンコーミュージックから星加ルミ子訳の
伝記本も出版され、その本を夜は抱きしめて寝るくらい、
熱病はピークに達していたっけなあ。。。

ツェッペリンを聴いてしまうと、
ほかのハードロック・バンドではドラムが軽すぎて物足りない。
双頭みたいに言われていたディープ・パープルは
ちっともいいと思わなくてアルバム1枚も持ってない。
ツェッペリンを聴かなかったら、
その後に、ブラックミュージックの中でもリズムのヘビーなファンクに
惹かれることもなかったかもしれない。
ドラムのジョン・ボーナムが亡くなったときは、
もうあまりツェッペリンを聴かなくなっていたにもかかわらず、とてもショックだった。
で、終わったと思った。案の定バンドも解散した。
その後ずいぶんたってから、ボーナムの息子が加わって再結成という話を聞いたときは、
メンバーもついにはボーナムの血に頼ったか?
それほどまでにその存在は大きかったのかと考え、再び悲しくなった。



でも、実はショックだったことがもう一つ。
ジミー・ペイジの、年取ってからの変貌ぶり。
しばらくは直視もできなかった(笑)。
同じく昔ツェッペリン大好きだった女友達が一人いるのだが、
たまに話題にのぼるときは、そればっかり。
「夢を壊すな!」とか「人前に出てこないでくれ!」とか
二人してもうむちゃくちゃな言い様。
今はもう見慣れましたけど。・・・老いは残酷だわ、ホント。
昔はキュートだったんです! ミーハー人気も高かったんです! 
と、一言、断りを添えずにはいられない。



« 思い出の3作品 | トップページ | 私家版・魅惑のエロサウンド その12 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いまごろになってのコメントですみませんほんと若い頃のペイジのカッコよさといったら。。。うっとりペイジ&プラントのライブのときは。。。がっかりでもね生でテルミンをあやつるペイジには嬉しかったです

ジョン・ボーナムのドラムは明らかに重いのがスゴイですね。ジョン・ボーナムの死は、ツェッペリンのサウンドが息絶えてしまうという意味でショックでした。ジャコ・パストリアスの死も同じ。

>joshuatreeさんいえいえ、古い記事でもコメントはうれしいです。若い頃のペイジは男性からみても、カッコよかったんですか?細っこい体に、大きなレスポールの組み合わせがまたいいですよね。ペイジ&プラント、うらやましいですよ。怖いものみたさで、今なら行くかも!>rikieさんドラムって普段はあまり意識して聴いてないんですよ。ところが、例えばメンバーチェンジでも、いなくなってみて初めていかにサウンドにかかわっていたか、思い知らされることがあります。クルセイダーズもそうかな。ジャコも、もうああいうベースはいませんよね。後で痛感しますね。

「アキレスの戦い」のギターとドラムの絡みは、ロックバンドを志すもの必聴!とも聴いた事があります。それにしてもヒメヒカゲさん、私と全く一緒だなあ・・・フィジカルやプレゼンスをリアルタイムで買った事、ジョン・ボーナムの存在・・・「世代」ですねえ。

>k.m.joeさんたくさんのコメントありがとうございます。今日はひさびさにゆっくりな日なんでしょうか?「アキレスの戦い」がそういう評価とは知りませんでした。ニンマリしてしまいます。ZEP世代、ドブログ内だけでもかなりいますね。今と違って、みんな同じものを聴いていたんだなーと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622155

この記事へのトラックバック一覧です: 私家版・元気になる音 その22:

« 思い出の3作品 | トップページ | 私家版・魅惑のエロサウンド その12 »

インデックス

無料ブログはココログ