« 英国の有名なユーモア小説 | トップページ | プロレス批評家がJポップを斬る! »

2005年4月 2日 (土)

「春生」と「唯生」

話題の作家。前から少し気になっていたので読んでみました。
(ケチって最初はやはり文庫本から…。)
実は日本の現代作家の小説を読むのはダブル村上以来(!)
といっても等しいので、比較するものも何もないのですが、
とりあえず嫌いじゃないす。

『ニッポニアニッポン』阿部和重著

ニッポニアニッポン=「トキ」といえば、マスコミでの取り上げ方など
自分も以前はいろいろと思うところがあり、例えば
「とっととヤキトリにでもして食ってしまえ」といった残酷なジョークも、
(トキにうらみはありませんが) 友人と飛ばしたりしていました。
なので、この小説の前半部分の、主人公「春生」のトキに対する関心や疑問には
親しみを覚えつつ…。でも、そのトキの資料集め部分に多くのページを割いているため、
中盤から後半の展開は逆にあっさりしすぎているように感じてしまい、
物足りなさが残りました。

「萌え」という言葉が登場します。自分はいつもこの言葉を目にするたびに、
男女のギャップ以上の世代のギャップというものをひしひしと感じていたのですが、
若い世代特有のものではなく、みんな隠さなくなっただけかもしれないと
最近は思い始めました。とにかく今の日本の若者総ロリオタみたいな風潮は、
女の立場としては、もうこれ以上ヒートアップしないでくれよという思いです。
脱線です…。

あとがきによると、作家本人は三島の『金閣寺』と大江の『セヴンティーン』を
意識したそうですが、映画「タクシー・ドライバー」も彷彿とさせます。



『アメリカの夜』阿部和重著

読む順番が逆だったかも。こっちはデビュー作と後で気付きました。
それにこっちを先に読むと『ニッポニアニッポン』の主人公の名前の由来が
分かるような気がします。

大雑把な言い方をすれば、笑えて切ない青春ものなのだけど、
個人的には『ニッポニアニッポン』よりも面白かったです。

自分が「特別な存在」であることの確証がほしくって、
自分と同じ誕生日の有名人・偉人まで調べあげるのって、痛い、痛すぎる。
でも、とてもよく分かる(笑)。大抵の人が、そうやってジタバタしながら、
やがてなんでもないただの「人間」であることに価値を見いだしていくのでは
ないだろうか。…とか言いながら、私などはこの年齢になっても、
その「特別な存在」でありたいという呪縛から完全に解き放たれていません。
こうやって日記みたいなものをネットで公開しているのだから。
どこかで自分の存在を主張せずにはいられないんですよね…。

主人公の名前は「唯生」。この小説は、その唯生の頭に浮かぶことをノーカットで
書き綴ったような文体です。自身のことを客観的に見つめようとすると、
こういうふうに思いがあっち行ったりこっち行ったりしながら、どこまでも堂々巡りのような
考えに陥る感じはよく分かるし、「特別な存在」でありたいがために、
ついには「気違い」の次元を目指してみる唯生の行動も共感できるものです。

この作家さん、最後の最後に「はぐらかし」を加えるのが好きなのでしょうか?
たぶん深く考えるようなことではないのだろうけど、気になって後引く感じです。
本のタイトルはトリュフォーの同名の映画から。
なぜこのタイトルなのか、小説の中で説明されているのだけど、
その説明が私には難解すぎてよくわかりませんのです。



« 英国の有名なユーモア小説 | トップページ | プロレス批評家がJポップを斬る! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「ニッポニアニッポン」が「タクシードライバー」を彷彿とさせ、「アメリカの夜」が「特別な存在」でありたい青年の青春小説である…。なるほど、阿部氏の書きたいことが見えてきたような気がします。やっぱり「グランドフィナーレ」は単体で読むものではないですね。そして私も阿部氏の著作は嫌いじゃないかもしれません。

>nacchi74さん2冊とも、昔からよくあるテーマだろうと思うんですけど、とことん軽さを装って書かれている感じです。この2冊だけでは、何がそんなに評判を呼んでいるのかは、正直よく分からないんですけど、また読んでみたいと思いましたよ。そういえばどちらも主人公の出身地は、阿部氏の故郷の山形県(神町?)。この地がかかわっているものは、みんな繋がっているかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622124

この記事へのトラックバック一覧です: 「春生」と「唯生」:

« 英国の有名なユーモア小説 | トップページ | プロレス批評家がJポップを斬る! »

インデックス

無料ブログはココログ