« 「春生」と「唯生」 | トップページ | 私家版・元気になる音 その19 »

2005年4月 5日 (火)

プロレス批評家がJポップを斬る!

雑誌「サイゾー」連載のJポップ批評コラムが単行本になっていました。
これ、痛快です。面白いです。

ターザン山本!の『音楽と意図 ヒットチャート考現学!』

どんな内容の本かといいますと、
「基本的に音楽にはまったく興味ナシ。
ここで紹介されているアーティストについての予備知識もナシ。
そんなターザン山本が贈る、偏見も計算も下心も邪心もない、
ナイナイづくしの純真無垢な音楽レビュー。」

(雑誌のコーナー紹介より)

思想書のような小難しいタイトルがついてるけど、
連載時のコーナー名は「ターザン山本流 音楽独談」。
編集者がその月々のヒットチャート入りの4曲をターザン山本に聴かせ、
ターザン山本が直感のままに感想を語るという対談形式のコーナーでした。
(今日書店で確認したら連載は終了したらしい。残念)

独自の視点で、ときに絶賛、ときにメッタ斬り。
興味がわかない場合には一言で片付けられてしまうのですが、
この一言も実に鋭く、おおよそは核心を突いているのでは?
Jポップ音痴の私が言ってもあまり説得力はないんですけど。

本当言うと、本は買っていません。やはりこういう流行り曲の批評は、
雑誌掲載時の、曲の鮮度の高いときに読むほうがだんぜん面白いものです。
でも、音楽好きには楽しい本だと思います。



« 「春生」と「唯生」 | トップページ | 私家版・元気になる音 その19 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622126

この記事へのトラックバック一覧です: プロレス批評家がJポップを斬る!:

« 「春生」と「唯生」 | トップページ | 私家版・元気になる音 その19 »

インデックス

無料ブログはココログ