« 私家版・元気になる音 その20 | トップページ | かしこまって見ると肩透かし。 »

2005年4月11日 (月)

私家版・魅惑のエロサウンド その11

自然に体がくねくねと動き出してしまう粘っこいノリと、
曲全体に漂う混沌としたいかがわしさがよいです。
というか、やっぱり70年代のオハイオファンクは好きだー!

Slaveの“Slide”

オハイオ出身の9人編成ファンクバンド、
スレイブの1977年のヒット曲。デビュー曲にして代表曲。

収録されているのは、彼らの1stアルバム『Slave』。
ジャケのデザインがインパクトあって、一度見たら忘れません。
しばらくぶりに引っ張り出して聴いたら、
パーカッシブなホーンとかハードロック風のギターとか、
やたら騒々しい曲が並んでいる割には、
たんたんとしたドラムとぶっといベースによるシンプルなグルーブが気持ちよく、
それほど暑苦しくなく聴けちゃった。

いや、十分に暑苦しいという意見のほうが多いかな…。

曲のアレンジ、そしてボーカルスタイルも、
少なくともこの1stに関しては、同郷のオハイオ・プレイヤーズの影響が濃厚。
しかし、スレイブはその後、ボーカルが男女デュオになって…。
そっちも評価が高いみたいだけど、
個人的にエロいと思う音の範疇からは遠ざかる。
思い入れ度の違いが大きいんだろうけど。

ともかく「スライド」は最高!



« 私家版・元気になる音 その20 | トップページ | かしこまって見ると肩透かし。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

「オハイオ」って結構ファンク都市ですよね。スレイブもファンク臭プンプンしてます。

>k.m.joeさんサン、レイクサイド、ロジャー、ブーチーもそうらしいけど、まさにファンクの宝庫ですね。筆頭はやはりオハイオプレイヤーズですが、独特のにおいがありますよね。

買うです!

>may0505さん楽しいですよ。バカっぽいけど

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28622129

この記事へのトラックバック一覧です: 私家版・魅惑のエロサウンド その11:

« 私家版・元気になる音 その20 | トップページ | かしこまって見ると肩透かし。 »

インデックス

無料ブログはココログ