« ザ・スペイシー・ショー | トップページ | 分からないものは分からない。 »

2005年3月 5日 (土)

TB:ラブソング人気投票

先月、goodさんのところでやっていたラブソング人気投票
集計は終わっているのに今さらTBです。


この世のほとんどの曲はラブソングではないかと思うくらい、
ラブソングはいっぱいあって選べないので、
アーティスト単位で考えてみました。
で、もちろん男に限る。名手として思い浮かぶのは
テディ・ペンダーグラスかアル・グリーンあたり。
ペンダーグラスは一度取り上げてるので、グリーンにしました。

Al Greenの“ Sha-La-La (Make Me Happy) ”

アル・グリーンを知ったのは、このヒットがきっかけだったので、
思い出の曲です。歌詞はたわいもないような気がするし、
特にこれが飛び抜けて好きな曲ってわけでもないかな。
ラブソングらしいラブソングだったら、失恋ソングになるけど
「How Can You Mend A Broken Heart」のほうが
きっと心に響くんでしょうね。

この時期のアル・グリーンは女性にとても人気があったらしい。
でも、セクシーな歌手といわれても正直あまりピンときません。
現代では、もどかしいほど古風な男のイメージです。
しかし、あふれる情熱をぐっと抑えつけたような、パンチの効いた歌声は、
唯一無二の魅力があります。まさに黒人ならではの唱法。
その歌声が、ハイ・サウンドと呼ばれたバックの、特に力強いリズムと相まって、
聴くにつれてだんだんとヒートアップしてくる感じが魅力で、
その点ではやはり「Love And Happiness」や「Let' Stay Together」あたりが
最強!と思ったりします。

あれ、ちっともラブソングの名手を語る話になってないや。。。


今日ひさびさにCD買いました。
話題のジョン・レジェンド『Get Lifted』、
去年出たアーバン・ミスティーク『Ghetto Revelations』、
ラファエル・サディーク『Ray Ray』、
旧譜だけどピート・ロック&C.L. スムースのベスト盤、
それと、ほぼ20年ぶりに聴いてみたくなった!パット・メセニー『The Way Up』。
ぼちぼち聴き始めます。



« ザ・スペイシー・ショー | トップページ | 分からないものは分からない。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

アル・グリーンはちょっと分かりにくい所ありますよね。あとでジワーっと来るような。でもライブをTVで観たら迫力ありました。ちょうどゴスペル界から帰って来た時あたりだったと思います。この人の魅力が分かるとクセになる面もあるようです。ラファエル・サディーク、大興味。

アル・グリーン大好きです。ゴスペルもソウルも歌詞よくわからないからどっちでもいいです。でもこの方の歌声を聴くと穏やかな気持ちになれます。^^

>k.m.joeさん腰を落ち着けて聴かないととっつき悪いかもしれないですね。特に写真のアルバム以前などはサウンドも地味なので。ライブ見るとガラッと印象変わりそう。サギィーク・・まだ聴いてないです。アーバンはかなり気に入りましたよ。オールドスクールにも親しみやすいです。たくさんコメントをありがとうございます。

>キウイさんほんと、穏やかな気持ちになる歌声ですね。滋味のある歌声。歌詞は私はさっぱりなのですが、外国人とカラオケに行って、歌った後に内容を指摘され、かなり居心地の悪い思いをしたことがあります(笑)

こんばんは!’=見にくるのが遅くなってすいません。Tバックありがとうございました。後日、投票結果に追加しておきますので。アル・グリーンいいですよね、でも曲と曲名が一致しない・・・・すまそ!

>goodさんあ、そんな、わざわざ追加なんてお手数かけるつもりはありません。漠然と考えていたので、一応記事にしたかっただけですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621598

この記事へのトラックバック一覧です: TB:ラブソング人気投票:

« ザ・スペイシー・ショー | トップページ | 分からないものは分からない。 »

インデックス

無料ブログはココログ