« TB:ラブソング人気投票 | トップページ | 妹が消えてぼくは狼少年になった。 »

2005年3月 6日 (日)

分からないものは分からない。

レンタルで観た。

「ロスト・イン・トランスレーション」(2003年 米・日本)

公開前には、新宿の映像がおしゃれだとか、
あのマシューが出てるというので楽しみにしていた映画。
なのに、うぅーん、ほとんど、いや何ひとつ、共鳴できなかった…。
私の感じる力がもう相当、鈍ってる証拠かしらね。
唯一印象に残ったのが、
中年俳優のおじさんが、若い人妻を少し元気づけてあげ、
タクシーに乗って去っていくときの、少し生気を取り戻したかのような顔。


「シュレック2」(2004年 米)

笑えるシーンの多くが何らかのパロディーだった。
もとネタ探しをしながら観るぶんには楽しいんだろうけど、
それを除いたら何が残るんだろうかと考えると、ちょっと白ける。
ストーリーもアニメの割にはこぢんまりとしている。
前作を観たときはずいぶん新鮮だったんだけどな。

でも、登場キャラクターがかわいいから、いいかっ。
私は長靴をはいたネコちゃんよりもドンキー派。
玉ねぎ(ニンニク?)馬車の荷台で揺られながら退屈しているシーンが好きだ。

« TB:ラブソング人気投票 | トップページ | 妹が消えてぼくは狼少年になった。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621600

この記事へのトラックバック一覧です: 分からないものは分からない。:

« TB:ラブソング人気投票 | トップページ | 妹が消えてぼくは狼少年になった。 »

インデックス

無料ブログはココログ