« 誰か背中を押してくれ。 | トップページ | ブラックボーカルの王道を行く新人くん »

2005年3月10日 (木)

登場する家具や食器がかわいい!

DVDで鑑賞。

キッチン・ストーリー(2003年 ノルウェー/スウェーデン)

ノルウェーの田舎町に、スウェーデンから
トレイラーハウスを引いた車が列をなしてやってきた。
彼らは新しい家庭用品開発のための調査団。
独身男性のキッチンでの行動パターンを終日観察するのが目的です。
それもテニスコートの審判台ようなものを持ち込んで。

被験者の生活を乱さないように一切話をしてはいけない、
何か困っていても手伝ってはいけないのが規則。
でも、観察する側もされる側も
何日もそんな関係を続けていられるわけがない。
早々にルールを破って、首を言い渡される調査員も出てきます。

そんな中で主人公の調査員フォルケが担当した年老いた男イザックは、
モニターに応募すれば馬一頭もらえると思っていたのに、
それが実は郷土玩具の馬だったと知ってへそを曲げ、数々の謎の行動で
フォルケを困惑させます……

******************************

予備知識なしで見始めたので、
ストーリーの突飛な設定を理解するまでに時間がかかり、
最初は取っつきにくかったんだけれども、
ラストはなんとも、言葉ではうまく説明できない、
言葉にしてしまうと何かが違うような、温かい気持ちで見終わりました。

国を越えた男の友情物語。
この友情という言葉も実際はとても広い意味で使われてるので、
なんだか陳腐に感じてしまうような…。
もっとシンプルというか、根源的な人間同士のかかわりを
描いているように思います。

主要人物は男ばかりで、それぞれいい味出してます。
会話や登場する食べ物から察する
ノルウェーとスウェーデンの文化、その違いなども興味深いです。



« 誰か背中を押してくれ。 | トップページ | ブラックボーカルの王道を行く新人くん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621606

この記事へのトラックバック一覧です: 登場する家具や食器がかわいい!:

« 誰か背中を押してくれ。 | トップページ | ブラックボーカルの王道を行く新人くん »

インデックス

無料ブログはココログ