« つかのまのテレビ | トップページ | 私家版・元気になる音 その17 »

2005年3月 2日 (水)

手首フェチだったとは!

今回の仕事もきつかったー!
おそらく一日一度まとめてドカ食いのような食生活をしていたせいで、
胃炎が悪化。一日に何度か吐き気が襲ってきます。
夜中にも必ずそれで目が覚めるのが辛いっす。

「Ray/レイ」(2004年 米)

↓ネタばれしてます。

オープニングの風に揺れるボトル・ツリー、
そこに音楽がかぶさってくるだけで、涙腺やられました、自分。
音楽もの、さらに黒人ものってだけで、弱いんです。
別に悲しいとかうれしいとかじゃなくて、
ただただ勝手に目から汗が流れ出るだけなんですけどね。

レイ・チャールズの人生のうち、描かれているのは
トップスターに駆け上がっていく1950年代が中心。
名曲誕生のエピソードを中心に、当時の出来事が淡々と綴られ、
その合間の回想として子供時代の生い立ち、
女手一つで育ててくれた母親のことがていねいに描かれる。
良かったと思います。レイ・チャールズと似た世代で、その音楽に親しんだことのある
人たちだったらなおさらと思います。

やっぱり天才ミュージシャンとドラッグとは切り離せないのですね。
あと、ツアー続きの日々と、手取りギャラをめぐっての揉め事と、
人間不信と、愛人の存在と、etc.
それにしても、本妻との間の子供2人以外に10人の子供がいるって相当。
今だったら半端じゃない養育費だの慰謝料だのを請求されて、
割に合わないってことになるんだろうなあ・・。

奥さんがレイに言うセリフでとても印象的な言葉があったんだけど、
あああーーー、忘れてしまった!
その言葉をきっかけに、ようやくドラッグを断ち切る決心をしたんだっけ。

レイ以外で印象に残ったのは、アトランティックレコードの
トルコ系アメリカ人のプロデューサー。本物の音楽好きオタクで、
映画の中ではかなり好意的に描かれていたと思う。
こういう人がいるから、斬新すぎてすぐに大衆受けはしないかもしれないけど、
才能をもったミュージシャンがちゃんと発掘されて世に出るのではないかな。

といっても、アトランティックに見いだされた時点のレイ・チャールズは
ナット・キング・コールやチャールズ・ブラウンの物真似音楽をやっていたにすぎず、
それで飯が食えるからいいと思っていたらしい。
盲目で生きていくための知恵だったわけだけれども、
人を楽しませることに重きをおいていた人らしいエピソードとも。

デビッド“ファットヘッド”ニューマンが、見せ場少ないけど
ずっと出ずっぱりだったのもファンとしてはうれしかった。
レイ役をやったジェイミー・フォックスがレイそっくりで評判だけど、
ファッドヘット役のボキーム・ウッドバインもけっこう似ていたのではないかと想像。
動いているファットヘッドを見たことがないので断言できないけど。

公開が今週までというのに、映画館に行ったらほぼ満員だった。
アカデミー効果ってすごいなと思ったら、1000円デイだったのね。

手首フェチの真相は映画の中。

« つかのまのテレビ | トップページ | 私家版・元気になる音 その17 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

私は今週土曜あたり観に行きます。問題の奥さんの台詞も私が覚えてきましょう。アトランティックは、アーメット・アーティガンだったかな?とにかく「黒い感覚」がよく分かっている人で、私はベリー・ゴーディーより「黒さ」では勝っていると思います。白人の感覚の方が「黒い」って事時々ありますもんね。何しろリズム&ブルースがソウル・ミュージックに変わる頃のアトランティックは凄いですよ。ソウルになってしまうと必ずしもトップランクでは無くなりますけど・・・。そうかあ、レイ・チャールズのオリジナリティもアトランティックならではって所があるのかも知れませんね。

>k.m.joeさんおお、ネタばれ読まれてしまいましたか!そうです、アーメットという人。おっしゃる通り、黒い感覚がよくわかっていて、レイ・チャールズの個性はこの人が引き出した感が強いです、映画観る限りですが。アトランティックのスタジオで最初の曲が録音されるシーンは鳥肌ものでしたよ。

お仕事お疲れさまでした。胃炎、大丈夫ですか?ゆっくり休んで下さいね。

>nacchi74さんありがとうございます。喉元過ぎるとなんたらで、仕事の山が終わると気分はハレバレなんです。胃は持病なのでもうあきらめてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621592

この記事へのトラックバック一覧です: 手首フェチだったとは!:

« つかのまのテレビ | トップページ | 私家版・元気になる音 その17 »

インデックス

無料ブログはココログ