« 登場する家具や食器がかわいい! | トップページ | サトウキビの刈り方を学びました。 »

2005年3月12日 (土)

ブラックボーカルの王道を行く新人くん

この前買ったジョン・レジェンドの『Get Lifted』と
Urban Mysticの『Ghetto Revelations』。
今のところ、よく聴いているのはUrban Mysticのほう。
前にアーバン・ミスティークなんて書いたけど、
日本語でどう表記するかはまだ決まってないみたいだ。
(一緒に買ったR・サディークはまだ半分しか聴いてない…)

ジョン・レジェンドのほうは、ピアノの弾き語りで、
聴いて咄嗟に思いついたのが男版アリシア・キーズ。
いくつかレビューを覗いたら、同じことが書かれてある。
そもそもアリシアの曲にこの人が参加してるとのことですが…。
さらっと聴いた感じ、私の知っている範囲では
アレステッド・デベロップメントやローリン・ヒルなどに
近いタイプの音楽と思った。これはこれで悪くないけど、
何かいま一つ、心ときめかないのよね。

それに比べ、Urban Mysticはいかにも歌もの、
楽曲・アレンジもブラックコンテンポラリーの王道。
ジェラルド・リヴァートの新譜とどっちを買おうか迷ったけど、
そのリヴァートあたりが以前からやってきた音楽の継承者って感じだ。

一種の様式美というやつで、斬新さはないけど、
この手の音楽に親しんできた者にはとても口当たりがよい。
コーラス部分などは1回聴いたら覚えてしまいそうな曲ばかり。
(もろネリーっぽい1曲はご愛嬌)
過去のパターンでいうと、歌がうまいのに
2、3枚メジャーからアルバムを出して消えていくタイプかも…。
でも、かなり好きです! このワクワク感はひさびさ。
ざらついた声が最高ね。とっても耳障りがいいです!
まだ19歳ってことだけど、聴くにつれて味わいが増してくる感じ。
カバー曲も1曲やっていて、
それがボビー・ウーマックの「Woman Gotta Have It」!
この新人坊やの声・歌い方からしていかにも、いかにもな選曲でニンマリです。

あと、なんといってもスローバラードが少ないのがグッド!
最近の歌もののR&Bはやたらスローバラードばかりで、うんざりなんです。
とりあえず繰り返して聞き込んでみる根性のない私なんかは
結局は気に入った曲だけしか聴かなくなってしまう。
そういう意味でも『Ghetto Revelations』はアルバム通して親しみやすかった。
もっかのところ暫定で、冒頭の3曲「Long Ways」「Where Were You」
「Givin' It Up」と、11曲目の「Hit Me」、12曲目の「Gotta Get U Home」が
なかでも気に入ってます。
売れてほしいんだけど。売れろ!



« 登場する家具や食器がかわいい! | トップページ | サトウキビの刈り方を学びました。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

「ウーマン・ガッタ・ハヴ・イット」で思い出した。試聴してますね。多分バタバタしてる時だったので、記憶に残ってなかったのかも知れません。この間タワーに行ったら「試聴コーナー」には無かったです。いきなり「買い候補」にします。確かにジョン・レジェンドは王道ではないですね。

私の好きなケイ・ジーも絡んでますね。買います。

>k.m.joeさんさっそくどうも。オールドスクールにはたまらんものがありますよー。「ウーマン・ガッタ・ハブ・イット」は原曲を知っていると確かにそれほどではないです。でも、トータルで素晴らしいっす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621607

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックボーカルの王道を行く新人くん:

« 登場する家具や食器がかわいい! | トップページ | サトウキビの刈り方を学びました。 »

インデックス

無料ブログはココログ