« 怨みますートノサマバッタ | トップページ | 私家版・元気になる音 その13 »

2004年12月25日 (土)

黒髪ヴァイオレットにぞっこん。


そのあと用もあったので新宿に行き、カップルだらけの中で
「Mr. インクレディブル」(2004年 米)をようやく観る。

こういう子供から、ちょっとひねくれた大人まで楽しめてしまうストーリーを
破綻なく作れてしまうだけですごいと思ってしまいますよ、ほんと。

同じ家族ヒーローもの「スパイキッズ」がコミックっぽかったのと反対に
このアニメは登場人物がそれぞれ抱える悩みも表情も、
とても共感できるという意味でリアルに描かれていたかな。
で、最初は、このお父さんの顔は変、好きじゃないと思ってたのに、
すっかり夢中になって観ていた。
これは「宇宙忍者ゴームズ」の家族版とも言えるな。
島のシーンは「007は二度死ぬ」を思い出したりしてね。

最後のほうで一つお楽しみ(末っ子の謎)が用意されていることは、
誰もが観ている途中で気付くだろうけど、
まさかあんなに大爆笑させられるとは!
あそこのシーンだけ妙にマンガっぽかった。
それで逆にホッとしたりした。

貞子に似ている長女が、うちの姪っ子の一人にもそっくりで
かわいくてたまらない!
グッズ欲しかったのにメガネマスクをしているものしかなかった。
変身する以前の貞子顔グッズがほしいのだよ、わたしは。

« 怨みますートノサマバッタ | トップページ | 私家版・元気になる音 その13 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

子供と見に行こうかと思います。いや、自分の楽しみのために。

>hnyさん話も面白く、アニメであることを忘れて見入りました。よければ後で感想を聞かせてくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621569

この記事へのトラックバック一覧です: 黒髪ヴァイオレットにぞっこん。:

« 怨みますートノサマバッタ | トップページ | 私家版・元気になる音 その13 »

インデックス

無料ブログはココログ