« いまだ見られないニモ | トップページ | ブルースマン3人のドキュメンタリー »

2004年9月11日 (土)

都営新宿線のばかー。

ぐちりついでに、前から腹立たしく思っていることをもう一つ。
お前がばかだ、と言われかねない些細なことです。

都営新宿線の「急行」の存在意味がわからない。
地下鉄の急行なんて、いったい誰がトクをする?
確か最初は試験運行だったはず。
それがいつの間にか定着してしまったんじゃないか?

職場のある駅が「急行」の停まらない駅なのに、
うっかり「急行」に乗ってしまい、2つ先の「急行」停車駅で降りて、
折り返すこと、これまでに10回前後。
ぼーっとしている自分が悪いのかもしれないけど、
「急行」は通常の通勤時間には走っていないので、
電車が来たら条件反射で乗ってしまうんです。
おまけに、都営新宿線には京王線の「快速」も乗り入れているので、
頭の中で「急行」と「快速」がごっちゃになるんです。

しかし、うっかり者も自分以外にも、ときどき腹を立てている人はいるはず。
急いでいるときに限って来るものだ、停まってほしい駅に停まらない「急行」は。
それに、ふだん都営新宿線なんかを利用しない人の中には、
地下鉄に「急行」があるなんて知らずに乗ってしまう人もいるだろう。

今日は立ち寄り出勤で、10時過ぎに都営新宿線を利用したのだが、
電車にいったん乗り込んだあと、ホームに何人か残っている人がいたので、
「あ、これきっと急行だ!」と慌てて降りて、
ホームの電光表示を見たら、やっぱり「急行」の表示が出ている。
「ふー、今日も危なかった」なんて思っていたら、
次に着たのが「急行」だったよ!
ホームの電光表示の変わるのが早すぎなのよ!
おかげさまで、ムダに2本も電車をやりすごしました。

都営新宿線に「急行」を走らせようなんて考えたの、誰だろう?
もしかして、社内ではけっこうエラい地位にある人?
だったら納得なんだけど…。
今度、質問状でも出してみようかしら。

« いまだ見られないニモ | トップページ | ブルースマン3人のドキュメンタリー »

雑記」カテゴリの記事

コメント

もっと凄いのをご紹介しましょう。記事にもある京王線ですが、新宿からの下り線。急行「高幡不動行」とか「調布行」とかあります。それより先の行き先の方は、当然次の電車を待ちますよね。ところがどっこい。実はこの電車は「高幡不動」「調布」に停車すると同じ電車が「鈍行橋本行」とか「鈍行八王子行」とかに看板が変わるのです。同じ車両がですよ。これって、それぞれの終着駅より先に行く人にとっては詐欺みたいに見えるらしいです。笑っちゃうというか笑えぬ話ではあります。

>belageさんそれは当然、次の電車待ちます!急行や特急の橋本行きや八王子行きと差別するためかな?でもなんだか、「高幡不動」「調布」の名前を出したいだけのような気も。都営新宿線の急行導入も、実は京王線の入れ知恵だったりして。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621512

この記事へのトラックバック一覧です: 都営新宿線のばかー。:

« いまだ見られないニモ | トップページ | ブルースマン3人のドキュメンタリー »

インデックス

無料ブログはココログ