« はあ、長かったのか速かったのか、 | トップページ | 忙しいときの栄養補給 »

2004年8月29日 (日)

20年後の仇討ち

忙しいときも通勤電車とかで、本は読める。
短い時間でも完全に没頭できるので、
音楽聴くより、救われる気分。
考えてみたら、この1カ月、CD1枚も聴いてないんだわ。


『蛇の形』ミネット・ウォルターズ

新刊。この作家の小説はどれも面白い。
好きな作家ではないんだけど、巧すぎて脱帽。

 近隣に住んでいた黒人女性が事故死。
 それを人種差別から来た殺人事件だと疑わない主婦が、
 20年越しで真実をあばき、復讐する。

もう、主人公の女性の執念ったら!
で、一人ひとりの嘘を暴いていくときの容赦なしったら!
同性としては痛快なところもあって、
何かあったときの参考にさせていただこうと思いましたw

何が、主人公をそこまで本気にさせてしまったか?
正義感も個人的なうらみも、納得が行かない。
でも、最後の1ページで、やられた!
そうか、そういう背景があったのか!
なんだよおー、思いっきり切ない話じゃん。

ミネット、今年も雑誌とかがやる
海外ミステリー年間ベスト10の上位、間違いなさそう。




『馬鹿★テキサス』ベン・レーダー

ブッシュとは関係ありません。
読み始めて「B級コメディ映画みたい! いけるかも」
と思ったけど、途中からどうでもよくなって飛ばし読み。
脇に出てくるマヌケな2人組はよかったけど、
主人公の恋人がジュリア・ロバーツ似の性格美人
というのが自分的には致命的(笑)

『神の手』望月諒子

電子出版で話題を呼んだ作家のデビュー作らしいけど、
だめだ、もろ苦手な部類のミステリーだった。



« はあ、長かったのか速かったのか、 | トップページ | 忙しいときの栄養補給 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621497

この記事へのトラックバック一覧です: 20年後の仇討ち:

« はあ、長かったのか速かったのか、 | トップページ | 忙しいときの栄養補給 »

インデックス

無料ブログはココログ