« こんな旅、あんな旅 | トップページ | 降りたい、でも降りられない。 »

2004年7月28日 (水)

私家版・魅惑のエロインスト その6

だって夏の定番曲だから…。
Kool & The Gangの“Summer Madness”


昔「うー、たまらない、この雰囲気!この曲の展開!」と、
入っているLPを探したけれど見つからない。
ようやくCDで手に入れて聴いてみると、
欲しい欲しいと思っていた頃のときめきが
すでに懐かしくなっていた。
自分にとってはそんな曲です。
でも、普遍的な魅力ありますよね。

サマー・マッドネスはとてもインパクトのある曲だから、
クール&ザ・ギャングにはきっとウインターなんたらという曲も
あるに違いないと冗談で話していたら、
本当にあって笑ってしまったことがある。“Winter Sadness”
男性の歌が入るという以外、ほとんど変化ないです。

この曲のけだるさは、やはり夏がふさわしいです。
それも、残暑が入りだした頃、かな?
写真は1969-76年のベストで、
Summer Madnessはライブ演奏バージョン。
スタジオ盤は『Lights Of Worlds』に入ってます。


DJジャジー・ジェフ&フレッシュ・プリンスの「サマータイム」も好きです。
ウィル・スミス、今みたいなナイスガイになるとは思ってなかった。
もうすぐ公開のロボットの映画、面白いのかね?



« こんな旅、あんな旅 | トップページ | 降りたい、でも降りられない。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

きゃ、夏ですね。腰振って踊りたくなります。

踊りは腰振らなきゃー、基本ですよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621487

この記事へのトラックバック一覧です: 私家版・魅惑のエロインスト その6:

« こんな旅、あんな旅 | トップページ | 降りたい、でも降りられない。 »

インデックス

無料ブログはココログ