« 仏では自転車が国民的スポーツ? | トップページ | ♪TB・・・海辺で聴きたいアルバム »

2004年7月 4日 (日)

私家版・元気になる音 その5

アメリカ映画協会の映画主題歌トップ100が先週、発表されまして。
さすがに上位はよく知られた曲ばかり。
黒人シンガーとしては30位にリナ・ホーンがいるけど、
いわゆるブラックムービー関係では、
38位のアイザック・ヘイズの「シャフトのテーマ」が最高位。
そして40位にパブリック・エナミーのこの曲。
(日本語表記はエネミー、エナミー、どっちだ?)

Public Enemyの“Fight The Power”

スパイク・リー監督の映画「ドゥ・ザ・ライト・シング」の
オープニングで、女の子のギンギンなダンス映像とともに流れます。
公開時は2回映画館に足を運びましたが、
2回目のときはなぜか黒人客の比率が高く、
映画が始まるとともに、あちこちで歓声上がるし、
何人かは椅子にのぼって踊り出す始末で…。

パブリック・エナミーの場合、詩の内容は、
抑圧された黒人の怒りが炸裂したものがほとんど。
こっちは日本人なので、それに共鳴するとかしないとかは
別次元のこととして置いておいて、
あの、サンプリングノイズを多用した、
ぶっといサウンドには、ひたすら圧倒されまくり。
クールだけどひりひりするようなパワーに、否応なしに燃えます。

2人のMCのうち、正統派黒人声のチャックDとは対照的に、
フレイバァー・フレイブは声も見た目(前歯全部金歯!)も個性的で
正直、危ないやつと思っていました。
なのに。来日公演では、自分の2人の子供をステージに上げちゃったりして、
いいおとっつぁん振りを発揮。

曲名は、アイズレー・ブラザーズの同名曲からいただいてます。
ここはサントラ盤か12インチシングルを挙げるべきだろうけど、
3rdアルバム『Fear Of A Black Planet』から紹介。
アルバム丸ごと、いけてるぞ! たぶん今聴いても。

« 仏では自転車が国民的スポーツ? | トップページ | ♪TB・・・海辺で聴きたいアルバム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621458

この記事へのトラックバック一覧です: 私家版・元気になる音 その5:

« 仏では自転車が国民的スポーツ? | トップページ | ♪TB・・・海辺で聴きたいアルバム »

インデックス

無料ブログはココログ