« 嗜好の変化は体力の衰えか? | トップページ | デジカメ練習帳 »

2004年6月21日 (月)

ペーパーダイバー


胃潰瘍に良さそうだ、ということで
数年前に始めたのがスキューバダイビング。

なんてウソ。
一時期、得体の知れない海の生き物に
「取り憑かれて」いたことがあって、習ってみた。
水族館では、間に分厚いアクリルガラスがあるのがもどかしい。
都内の水族館は、いつ行っても混んでいるので、
気が済むまで水槽に張り付いていることもできない。

始めてみたら、しんどかった。
もろもろの機材が重すぎる。
ドライスーツなんか、さらに10キロくらい重りを装着する。
思ってた以上に体力消耗。
スーツに体を締め付けられ、船酔いもしやすい。

一度なんか海に飛び込んだ途端に、
水圧に押され、吐いたことがあった。
目の前を漂う白くて長いもの…
何かと思ったら、昼に民宿で食べたスパゲティだった。
鼻から飛び出し、水中メガネの中を浮遊していたのだ。
そのとき初めて自分が吐いたことに気づいた。
海の中で済ませられて、結果としてはよかった。

そして、ダイビングのいちばんの欠点、それなりの出費…。
ダイビングなんてできる身分じゃなかったんだよ!
うすうす気づいていたけど…。

結局、まだ50本くらいしか潜ってない。もう2年近く潜ってない。
でも、そろそろ行きたいです。
ちょっとマゾ入ってます。
どなたか一緒に行きませんか?



写真は唯一、海外に滞在しダイビングを楽しんだ場所、
パラオ共和国のカープアイランド。星形の島。
周りをうようよ、根付きのサメが泳いでます!
のちに、テレビでやっていた日本版「サバイバー」の舞台に。
(本当は無人島なんかじゃないんだぜ。)

海なのに、なぜカープかというと、
この島の持ち主である日本人が広島球団のファンだから。
ダイバーしか行かない島にあるコテージの従業員も、半分が日本人。
島についた途端に、ラジカセから流れる宇多田がお出迎え。
気分は、沖縄に行ったのと変わらなかったのだった。


追記:
でも、大きな石のお金なんかの遺跡もあって、
原始の自然を満喫できる、よい島です。
なんといっても、海の中が、本当にすばらしい。



« 嗜好の変化は体力の衰えか? | トップページ | デジカメ練習帳 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~♪得体の知れない海の生き物って、いったい何だったんでしょうか?

こんばんは♪取り憑かれていたのは、おもに深海魚ですぅ。でもダイビングで潜る浅い海にはいないんですけどね。

きれいなパラオの島と、スパゲッティのギャップが絶妙だ。沖縄もいいぜ。離島はだいたい行ったので、本島を拠点にいろいろ行ってみようと思う。水の中は1つのエクスタシーだな。

コメントありがとうございます>謎だらけのsurfersparadiseさん沖縄はケラマと久米島だけです。そうですね、あのエクスタシー…、ゴム臭さも恋しい…。九段下の茶房が引っ越してしまうのは残念です。

こんにちわ。カープアイランドの写真、きれいですね。まだパラオは行ったことないんです。わたしは逆に二日酔いで潜ったとき、(爆)重力のかかる陸上より、水中の方が楽でした。

初めまして、まゆみさん。ブログ拝見しました。憧れのところばかり、潜ってらっしゃる!今度そっちにもお邪魔しますね。ちなみにパラオの写真は旅行会社のサイトから引っ張ってきました。言わずもがなですな^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621438

この記事へのトラックバック一覧です: ペーパーダイバー:

« 嗜好の変化は体力の衰えか? | トップページ | デジカメ練習帳 »

インデックス

無料ブログはココログ