« 海外ミステリー | トップページ | 私家版・魅惑のエロヴォイス その1 »

2004年6月 2日 (水)

金魚鉢


先日、仕事で長野市の金魚鉢を作っているガラス工房に見学に行った。
今どき巾着型の金魚鉢に需要はあるの? 
と思ったら毎年コンスタントに売れているらしい。
しかも手作り、しかも原料は牛乳ビン。
今どき廃棄にされる牛乳ビンを集めるだけで大変じゃないのと思うのだが・・・。

そこのお父さんがまた、欲がなさそうというか、とってもいい感じ。
お礼の菓子折を持っていったら、
向こうからもお土産の菓子折をいただいてしまって、こんなことは初めて。

さらに、その菓子折の「最中」が、素晴らしくおいしかった。
小豆、アンズ、栗の3種類あって、甘い物にはかなりうるさい職場の同僚も
大絶賛してたので、間違いないと思う。
店名は「塩入製果」。うっかり包装紙を捨ててしまって問い合わせ先は不明です。
・・・役立たず。

電話番号は分かったけど、つながらないんだよ、なぜか。
ホームページとかないみたいだし。

« 海外ミステリー | トップページ | 私家版・魅惑のエロヴォイス その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621404

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚鉢:

« 海外ミステリー | トップページ | 私家版・魅惑のエロヴォイス その1 »

インデックス

無料ブログはココログ