« 英語で伝わるのか? | トップページ | すれっからしのミステリー好きのための… »

2004年6月29日 (火)

地上で最も長生きな女性


先週末の地味ニュース。
メヒカリ「大往生」/飼育世界記録487日で止まる。


魚の寿命はどれくらいなんだろう。
コイは50年、100年は生きそうだ。
縁日で買った金魚も、実家のは軽く30年以上生き続けている。
水族館のメヒカリが本当に「大往生」だったのかどうかは、
わからないんじゃないか。

でも、そんなことを言いたかったんじゃなくて、
今年、福島の人からもらったメヒカリの干物が、
とにかく旨かったんですよ!
シシャモくらいの大きさで、皮も骨もやわらかくて、
焼きたてを頭からガブリ! 脂のっててジューシー、
ご飯がはずみました。

メヒカリは黒潮流域にいる深海魚で、
生きているときは目がエメラルド色に光っているのね。
本州や四国沖でも漁獲があるけど、福島沖のは特別だって言ってた。
最近は人気上昇で、手に入らない日もあるらしい。


ところで、長生きの生き物といえばカメだ。
先日、調べ物をしていて、
あのダーウィンがガラパゴス諸島から連れ帰った
雌のゾウガメ「ハリエット」が、
今もオーストラリアの動物園で生きているというのを知った。

ダーウィンがガラパゴスに立ち寄ったのが1835年。
捕獲してからでも170年がたっているわけで、
そんな歴史上に名を残すカメが、
いくたびかの環境の変化にもめげず、
およそ200年といわれるカメの寿命を全うしそうなのがすごいと思う。


私もやはりできるだけ、長生きしたいと思います。
貯金ほぼゼロの愚か者だけどw
ま、なるべく世間様にはご迷惑をかけないようにね。



« 英語で伝わるのか? | トップページ | すれっからしのミステリー好きのための… »

雑記」カテゴリの記事

コメント

ヒメカリなんていう言葉はじめて聞きました。そんなもの食べられるのですか?うまい??もっとも最近はスーパーあたりの切り身は何を食べているのかよく分からないことがありますが。。。然し、ダーウィンの亀が未だ生きているとは。驚きです。一体彼女は何を見たんでしょうね。それを想像しただけで絶句ものでしょうね。

カメってかわいいですね。でも甲羅は、とても重そうです。誕生日の花が好物だなんて、「一粒で二度おいしい」

>belageさん標準名でアオメエソで、たぶん地元で消費され、そよには出回ってないのではないでしょうか。いま検索したらメヒカリ専門のサイトを作ってる学生さんがいた!亀は何を見て、何を考えて生きてきたか、本当に劇的な人生です。>キウイさんここまで甲羅が大きいと「家」ですね。一粒で二度おいしい・・・贈りがいもありますね(笑

カメってそんなに生きるのですか。びっくりですね。うちもカメを飼っていたりするのですが、、、この子の将来は、、、???(笑)

小さなカメの寿命は10年くらいのようですよ。でも、まゆみさんの飼っているカメがゾウガメなら、子孫4代、5代にわたってお世話が必要かもですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621453

この記事へのトラックバック一覧です: 地上で最も長生きな女性:

« 英語で伝わるのか? | トップページ | すれっからしのミステリー好きのための… »

インデックス

無料ブログはココログ