« 私家版・魅惑のエロヴォイス その4 | トップページ | 私家版・魅惑のエロヴォイス その6 »

2004年6月 5日 (土)

私家版・魅惑のエロヴォイス その5

Ivan Linsの“Maos de Afeto”


イバン・リンスは歌も楽器も飛び抜けて上手いわけじゃないと思う。
けれど、彼の書く曲の味わいは唯一無二、スバラシすぎますっ!!
特に70年代のアルバムはどれもこれもいいよぉお。
アレンジともに官能的な曲も多くって。

これは、1977年のアルバム『Somos Todos Iguais Nesta Noite』からの1曲。
表題曲やジョージ・ベンソンがカバーした「ジノラー・ジノラー」など、
名曲揃いの中でも、特に、特に、お気に入り。

静寂のバラード。イバンの声、息づかい、ストリングス、
エンディングのアレンジも、エロすぎます!
部屋を真っ暗にして、永遠に聴いていたいです。
まさに、心の友って感じです。独り身に染み渡ります(あらら・・

歌詞にもグッとくるものがあります。
日本語の歌詞カード見ながらですが・・・。
というか、もうちょっと上手く訳せないものだろうか?
この訳詞をしてる人、あんまり・・・。

« 私家版・魅惑のエロヴォイス その4 | トップページ | 私家版・魅惑のエロヴォイス その6 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ヒメヒカゲさん、魅惑のエロヴォイスのトラックバックをいただきました。書き込みありがとね。

初引用、ありがとうございます!もとはk.m.joeさんの企画なんですが・・えへっ

情報提供ありがとうございます!なんかヨサゲな映画だね。久しく涙腺ゆるんでないから、ここはひとつ、泣きますか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621412

この記事へのトラックバック一覧です: 私家版・魅惑のエロヴォイス その5:

« 私家版・魅惑のエロヴォイス その4 | トップページ | 私家版・魅惑のエロヴォイス その6 »

インデックス

無料ブログはココログ