« 「あくび」が止まらない理由。 | トップページ | 私家版・魅惑のエロインスト その5 »

2004年6月27日 (日)

私家版・元気になる音 その3


スティービー・ワンダーは、洋楽を聴き始めて、
最初に知った黒人ミュージシャン。
私と同世代の人たちは大抵そうでしょうか?
ビートルズやカーペンターズやサイモン&ガーファンクルと並んで、
洋楽の入り口にあったと思うのですが。

何度か来日しているというのに、
スティービーのコンサートには一度も行ったことがありません。
大きな会場で、良い席のチケットなんて取れないだろうという諦めと、
正直「今さらスティービーなんて」という、ひねくれた気持ちもありました。
反省していますよ。


Stevie Wonderの“Golden Lady”

アルバム『Innervisions』からの曲。
大人になってからこのアルバムを通して聴き、いちばん新鮮に響いた曲。
「汚れた街」が終わり、この曲のイントロで
リズムが入ってくるあたりの場面展開が美しい。
まるで朝日の如く清々しくさわやか。静かに気力がわいてきます。

まだ片思いの恋を歌った曲でしょうか。
サビのゴールデン・レイディー♪と歌うところになると、
曲調にラテンちっくな要素が加わって、
なんだか狂おしくなります。
うふっ、こんなふうに歌われたい・・・歌われてみたかったものだ。



« 「あくび」が止まらない理由。 | トップページ | 私家版・魅惑のエロインスト その5 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

「ゴールデン・レディ」好きなんですわ。翳りがある所が好みです。後はメアリー・Jが渋くカバーした「オーバージョイ」当たりですかね。

そうそう、翳りの部分が実は好み(笑オーバージョイもちょっと似た雰囲気ありますね。

昔、大阪城ホールのコンサート行ったとき、前から4列目の席だったのでとても楽しみに行きました。コンサートは、それなりに楽しかったのですが、ステージがプロレスのリングみたいにホールの中央にあって、ぐるぐる回るんですよ。ぐるぐる。それに、どうも僕たちの座っている席の反対側が、スポンサー席というかメインの席なようで、近いんだけど背中ばかり見ているコンサートでした。たまに思い出したように回って来てそのときは、こっちが正面になるんですが、すぐにもどってしまうので、なんかあせっちまって、盛り上がりに欠けました。ストリップ劇場じゃあないのですから・・・(怒)でも、スティービー・ワンダー今も大好きです。

>キウイさんスポンサー席ばかり? それは不公平です!ストリップ劇場のよう? やはり正面に回りたくなりますよね(笑同じ客の顔を見てるんじゃ悲しい。大きな会場はできれば避けたいですよね。私は東京ドームにストーンズを見に行ったときに、あまりに左端の席だったので、ステージの前のほうに立っているミック・ジャガーしか姿が見えず、やはり盛り上がりに欠けました。悲しかったです。

ストーンズ、初来日見にいきましたが、スタンドで豆粒ぐらいにしかみえず、音も最悪で、ドーム公演なんか二度と行くか、と憤慨したものです。

>tagosakuさん同じ空気を吸っているだけのありがたみしかないです。私も二度と行ってませんよ、ドーム。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621448

この記事へのトラックバック一覧です: 私家版・元気になる音 その3:

« 「あくび」が止まらない理由。 | トップページ | 私家版・魅惑のエロインスト その5 »

インデックス

無料ブログはココログ