« TB-Events「Otology04 オトノソムリエ・アメノウタ」 | トップページ | 私家版・魅惑のエロヴォイス その4 »

2004年6月 5日 (土)

私家版・魅惑のエロインスト その1

音楽の話題は少しの間控えようと思ったけど、
だめだー。頭に浮かんだことはとりあえず書いてしまわないと。
やみつきになるよ、ブログ。危険かも。


Michel Camilo&Tomatito “Spain”でのトマ様

フラメンコのギターのことはよく分かりません。
だけど、このトマティートの演奏には、一聴で撃ち落とされました。
「スペイン」という馴染みの曲なんで、その魅力の片鱗が
私のような素人にも分かりやすい形で表れたんだと思います。
興奮状態のまま、ほかのアルバムも買ってみたけど、そっちはもっとフラメンコで・・・。
当たり前ですな。もう少し聴き込んでみなければ。

生粋のヒターノなんですってね。
テレビでちらっと見た演奏姿も、ワイルドでよさげー。
もう何度か来日しているらしい。情報収集不足で見逃してます。
この5月にも来てたんで、さんざん迷った。
しかし、スペインのフラメンコダンサーとの共演で、SS席が12,000円!
つまり、トマだけのライブだったら実質24,000円!
高すぎる━━━━━━━━━━━━ !!!! と思って諦めました
(計算、間違ってる?)

やっぱり行っておけばよかったかな、安いほうの席でも。

アルバムには“Besame Mucho”、
バンデラスとグリフィスの映画に使われた曲(カミーロ作曲)なんかも入ってるけど、
一番好きな曲は6番目の“Para Troilo y Salgan”
聞き覚えのある曲なんだけどなー、どこで聴いたのかなあ。

« TB-Events「Otology04 オトノソムリエ・アメノウタ」 | トップページ | 私家版・魅惑のエロヴォイス その4 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

1曲目ってずっと「アランフェス~」だと思って聴いてたよ。“Spain”ってナンバー…。「ベサメ・ムーチョ」はフラメンコギターてのに、合うのね。

>へべあもさんNHKの深夜に外国の風景ビデオ(シルクロードの使い回しとか)が延々と放送されている日があって、そのバックに流れている音楽みたいじゃないですか?スペインはチックコリアで有名な曲で、ギター小僧がよくコピーしてたよ。あたしらの学生時代。あ、同世代にしてしまってごめんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1175528/28621409

この記事へのトラックバック一覧です: 私家版・魅惑のエロインスト その1:

« TB-Events「Otology04 オトノソムリエ・アメノウタ」 | トップページ | 私家版・魅惑のエロヴォイス その4 »

インデックス

無料ブログはココログ